製品紹介 FIT POWER

製品紹介 FIT POWER 製品紹介 FIT POWER
 もし今 都市直下型 地震が発生したら?

・ブロック塀が転倒したら?
・人がすぐ側にいたら?
・火災が発生したら?

都市部住宅密集地で進まない
古い危険なコンクリートブロック塀の
耐震化が求められています!!

 ブロック塀倒壊の被害には2種類あります

直接被害
・ 転倒したCB塀の下敷き
・ 倒壊した瓦礫の直撃

間接被害(倒壊したCB塀による道路閉塞)
・ 火災・津波から避難する被災者の 障害物
・ 負傷者救助の遅延

点

コンクリートブロック塀耐震補強金具 FITパワー

製品紹介 FIT POWER

点

住宅密集地(狭小地)に適した3つの特長

製品紹介 FIT POWER

1. ロックボルト杭基礎工法

※トンネルの天井・法面の壁面で使われる工法です。

製品紹介 FIT POWER

2. 角根丸頭ボルトで空回り防止

敷地側から作業員1人で締め付け可能→工期短縮・安全確保

面擁壁・トンネル天井で使用 基礎重量ではなく地盤摩擦力を利用
砂質土・地盤強度N値3の場合 弊社基礎で地盤摩擦力は重量の7倍
施工性向上のためコンクリート杭は現場打ち・アンカー支柱はガラス繊維強化プラスチック(GRP)製耐腐食性・耐気候性UP
工程数の削減・小さな基礎→  工期短縮・費用削減
製品紹介 FIT POWER

人力による搬入・1人での作業に配慮しました。
※写真は最重量、18型敷地側アングル支柱(31㎏)です。

3. 狭小地でも 利便性を失わないデザイン

敷地側アングル支柱の最大突出部を65mmに抑えたため取り付け後も通行可能

製品紹介 FIT POWER 製品紹介 FIT POWER 製品紹介 FIT POWER
■FITパワー

取り付け後も住人は通ることが可能です。

■従来の金属支柱

取り付け後、住人は通ることに窮屈さを感じます。

■CB控え壁

明らかに住人は通ることが不可能です。

(例)狭い犬走りの場合

点施工手順点