地震への備え、できていますか?

近年、大規模な震災が頻発しています。
今後、いつどこで発生するか分からない震災への備えは万全でしょうか?

国内で発生した大地震

※国内で発生した大地震を一部抜粋しています。
実際は更に多くの地震が発生しています。

住宅密集地や人が多く集まる場所では地震発生時だけではなく、避難時にブロック塀倒壊により危険が及ぶ可能性があります。

直接的被害

  • 家具類の転倒や落下物による負傷・事故
  • 倒壊した建造物などの下敷きになる
  • 瓦礫やブロック塀などの転倒による事故
直接的被害

間接的被害

  • 倒壊した建造物などの瓦礫による道路の閉塞
  • 瓦礫やブロック塀などが障害物となり避難が遅れる
  • 障害物による救助の遅れ、救助困難

出典:財団法人消防科学総合センター

施工不良のコンクリートブロック塀の危険

2018年大阪北部地震で発生したブロック塀倒壊による事故は、コンクリートブロック塀の施工不良による危険について、多くの人が認識するきっかけになりました。

施工不良のブロック塀の特徴

身近にある危険なブロック塀の特徴

  • 基礎根入れの深さ150mm未満
  • ブロック塀が傾いている
  • 土と接する部分の高さが 800mmを超える場合(土留め)
  • ブロック塀にクラックが入っている ※度合にもよる
  • すかしブロックを3個以上連続使用、 最下段2個以上の連続使用
  • 積み増し

このようなコンクリートブロック塀は、要注意です。

控え壁の設置は、法律で義務付けられています

コンクリートブロック塀は施工できる高さが決まっています。
道路天端よりH1,200mm以上のブロック塀には、必ず法律に 定められた間隔以内に控え壁を設置しなければいけません。

控え壁

ブロック塀補強工事の
工期短縮・費用削減を可能にする『FITパワー』

限られたスペースにも設置可能

控え壁や従来の補強金具では突出部が大きく、軒下などでは通路を完全に塞いでしまっていました。

一方、FITパワーは突出部が約65㎜と小さいため、導線は確保したまま耐震補強をすることができます。狭小地などスペースを有効活用したい場所に適しています。

大掛かりな工事は不要です

FITパワーの特長の1つは、少ない部材でさほど難しい工程もなく施工が可能であることです。

セット内容

FITパワー基礎部材一覧 FITパワー基礎部材一覧 FITパワー基礎部材一覧

各種オプション

また、必要に応じて以下のオプション品もご利用いただけます。

FITパワーオプション部材一覧 FITパワー基礎部材一覧

SET UP FLOWFITパワーの設置手順

1点検

点検

JPEX(公益社団法人 日本エクステリア建設協会)のブロック塀耐震診断に準じた目視点検を実施してください。また、金属探知機による鉄筋調査を行い、鉄筋の有無をご確認ください。
※無筋施工ブロック塀にはFITパワーは使用できません。

2掘削~穴あけ

掘削~穴あけ

敷地側アングル支柱を取り付ける部分のベース基礎をはつり、掘削します。
角根丸頭ボルトを入れる位置を確認し、既存ブロック塀にボルト用の貫通穴を空けます。(振動ドリルΦ15~18mm)

3FITパワーの取り付け

FITパワーの取り付け
FITパワーの取り付け

敷地側アングル支柱と隣地側プレートをセットし、角根丸頭ボルトで敷地側から締めて固定します。

4パワースレッドの固定

パワースレッドの固定

敷地側アングル支柱にロックボルト(パワースレッド)を取り付け、コンクリートを流し込み完成となります。

DEMONSTRATIONFITパワーの実証実験

国立岐阜大学工学部の指導のもと、実証実験を行いました。

1控え壁がないブロック塀との比較実験(施工不良の塀との比較)

控え壁なし

牽引荷重 約4kN(約400㎏)で瞬間的に転倒しました。人がコンクリートブロック塀付近にいた場合、逃げる間もなく転倒に巻き込まれていた可能性があります。

FIT 迎門(下地納品時) 実験前
FIT 迎門(仕上げ施工後) 牽引荷重 約4kN時

FITパワー

牽引荷重 約27kN(約2,700㎏)で傾きはしたものの転倒はしませんでした。転倒はしなかったため逃げる時間を確保することができ、人命を守ることができます。

FIT 迎門(下地納品時) 実験前
FIT 迎門(仕上げ施工後) 牽引荷重 約27kN時

2控え壁があるブロック塀との比較実験(日本建築学会の基準に基づいて施工した塀との比較)

控え壁あり

牽引荷重 約3.4kN(約330kg)でゆっくりと転倒しました。控え壁があることで瞬間的な転倒を防ぎ、控え壁を設置することの重要性が確認されました。

FIT 迎門(下地納品時) 実験前
FIT 迎門(仕上げ施工後) 牽引荷重 約3.4kN時

FITパワー

牽引荷重 約13.6kN(約1330㎏)でも転倒はせず、傾くに留まりました。

FIT 迎門(下地納品時) 実験前
FIT 迎門(仕上げ施工後) 牽引荷重 約13.6kN時

RECORDSFITパワーの認定や納入実績

さまざまな賞や認定をいただいています

FITパワーの耐震性能や安全性が認められ、以下のさまざまな賞・評価を獲得しています。

  • 「塀の補強構造及び補強部材」として特許を取得
  • 公益財団法人 岐阜県産業経済振興センター 事業可能性評価制度において「ブロック塀等の耐震補強金具の製造・販売」としてA評価を取得
  • 一般社団法人 防災安全協会「防災製品等推奨品」認定
  • 同協会 防災製品大賞®2018 復興支援部門にて金賞を受賞
評価・認定
評価・認定

納入実績(公共及び公共系)

納入実績

出荷証明書発行の案件のみ一部抜粋

WORKSFITパワーの施工事例

規格品

規格品

特注型(20型) ※受注生産品

特注型

万年塀対応型 ※受注生産品

施工不良のブロック塀の特徴

FITパワーは、万年塀対応型もご用意しています。

解体撤去しないため近隣住民の方に配慮できるほか、工期短縮で予算を抑えることができました。

※受注生産品のため製造納期を1ヶ月程度頂きます。

その他の施工事例

FIT POWER WORKS 制作事例一覧

CAUTIONSFITパワーの注意事項

FITパワーはブロック塀を守る金具ではありません。

地震などで大きな揺れがあった場合にブロック塀の瞬間的な転倒を防ぎ、人命を最優先に守るための製品です。大地震の際には斜めに傾く可能性があります。

お見積りにはブロック塀の高さ、幅、厚みが必要です。

既存ブロック塀の道路天からの高さ、幅、厚みをお教えください。

もっと詳しい資料をみる

耐震エクステリアや耐震補強、和風門「数寄屋門」についてなどはもちろんのこと、取り付け工事についてや納期について、個別の相談などエクステリアに関連するお問い合わせならなんでもお気軽にご相談ください。各種資料のダウンロードも可能です。